スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

着物三昧 

着物三昧
P1110669ブログ用 DSC0703ブログ用ブログ P1140653ブログ用
小倉城          ニュー松屋       森本能楽堂
IMG201601120001jpgブログ P1140687ブログ用 DSC0712jpgブログ用

新春能      大濠能楽堂       楽器
P1140660ブログ用 P1140667ブログ用 P1140662ブログ用
大濠公園                      成人式?
P1140677ブログ用 P1140680ブログ用 P1140682ブログ用
P1140697ブログ用
新成人!
P1140696ブログ用    P1140694ブログ用   P1140689ブログ用 
                                                   新成人
P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り 裏
出版した本

続きを読む

スポンサーサイト

Category: 未分類

英国女王陛下の近衛軍楽隊

英国女王陛下の近衛軍楽隊

IMG_20151020_0001.jpg IMG_20151020_0002.jpg DSC_0542ブログ用
チラシ
P1130818ブログ用 P1130816ブログ用 P1130828ブログ用
宇部渡辺翁記念会館
P1130830ブログ用 P1130832ブログ用 P1130833ブログ用

続きを読む

Category: 未分類

2015博多献上道中

博多献上道中
P1130751ブログ用 P1130745ブログ用 P1130753ブログ用
                          券番さん
P1130758ブログ用 P1130787ブログ用 P1130799ブログ用

博多座前        櫛田神社の灯明  南坊流茶会
P1130800ブログ用 P1130810ブログ用 P10303183人前ブログ用
リバレインの下の川に映った灯明


続きを読む

Category: 未分類

着物三昧 京都編

着物三昧 京都編

P1130566ブログ用 P1130575ブログ用 P1080990ひげ紬ブログ用
鳥獣戯画の羽織を着て!
P1130544ブログ用 P1130552ブログ用 P1130556ブログ用

                総見院           大徳寺
P1130553ブログ用 P1130558ブログ用 P1130563ブログ用
                祇園、人が多い!
P1130579ブログ用 P1130589ブログ用 P1130582ブログ用
大覚寺、生け花発祥の地。              素晴らしい
P1130585ブログ用 P1130602ブログ用

着物三昧京都編

21日は京都に泊り、京都を観光しました。羽織を着ていく予定
でしたが、あまりにも暑かったので紬の単衣の着流しで出かけ
ました。帯は、女性物のリメイクで菊の柄の関係で少し幅が
ひろいですが許容範囲です。少し派手ですが、京都の町には
しっくりと馴染みます。大徳寺本坊と孤篷庵の特別公開を見て
総見院(信長公を祀っている)の前で写真を撮り、夜は祇園を
歩きました。相変わらず観光客が多いです。翌日は、大島の
単衣で大覚寺に行きました。大覚寺は人も少なく撮影も
OKで、
皇室ゆかりの寺院なので庭園や襖絵が素晴らしかったです。
http://312129.blog.fc2.com/

 


Category: 未分類

紗合わせ

紗合わせ

P1130313ブログ用 P1130320ブログ用 P1130321ブログ用
雨が降ってきた!
P1130322ブログ用 P1050854RAW現像2番 P1050695裏1番ブログ用

透けて見える!

12日に宴会があり、今年着ていなかった紗袷の羽織を着ていき
ました。
女性物の紗合わせの古い羽織がありそのままでは裄が
短いので、その女性物
と自分の絽の羽織を合わせて紗合わせを
仕立てて貰いました。内側の柄が藤娘で少し
女性っぽいのですが、
出来栄えは上々で柄が少し透けて見えて最高です。上が絽なので、
柄があるのは分かるが詳細な柄は見えないので歩いている時には
女性っぽい柄でも大丈夫です。基本的に遊びの時にきます。

紗合わせ

薄物の着尺2反を使って一枚の長着に仕立てたもの を紗合わせ
といいます。紗合わせは仕立ての方法からうまれた
名称だと
思っています。二反とも紗の生地で色や柄が異なる
組み合わせ
や外側が紗で内側が絽のように種類の異なる組み
合わせの時も
あります。外側が濃い色で内側が薄い色で、
柄は内側の方にする
デザインが多いです。種類の異なる織物
を重ねると光線の具合
で、色がころころ変わって見えたり、
下の模様が隠れたり、
よく見えたりします。
このような効果を
ねらって「合わせ」に
するので 外側の方が透けた部分がある
生地じゃないと意味が
ありません。

着る時期

人によって言う事が違います。ネットで6月末の10日ほどとか

2週間ほど。69月に着るとか。 6月に着るけど9月は着ない

とか それから 「紗袷」という人は6月から単衣になる、紗袷

だからその前月5月に冬物は暑いのでという日に着る これが

究極のおしゃれと紹介をしている人もいます。現在 6月から

単衣、78月は薄物、10月から袷というのも守るのはしんどい

気がします。10月だと暑い日もあり単衣で十分と思う日もある

のです。基本的に透けた着物なので真冬というのは違うと思い

ますが。それ以外 持っている人が着たいと思う時に着る。

これで良いのじゃないでしょうか?

P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り 裏

 本「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。180ページ、1543円です。

ご購入は全国チェーン大型書店orアマゾンで。

 



Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。