スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

京都の七夕と着物

クリックすれば拡大できます。

P1000946七夕昼ブログ用 P1000942飾りの前着物姿1 P1000926舞妓さんとブログ用
鴨川の七夕祭り     西陣織の七夕飾り 七夕舞妓茶屋で
P1000928.jpg P1000931舞妓立ち姿ブログ用 P1000932舞妓後ろ姿ブログ用
自髪で日本髪 を結って花かんざしをさす。振袖にだらりの帯
P1000934舞妓礼ブログ用 P1000937舞妓おどりブログ用 P1000954七夕夜ブログ用
礼 踊り、息もぴったり 日が落ちた鴨川 、七夕飾りのLEDと川床の提灯
P1000964芸妓さんとブログ用 P1000911賀茂川着物ブログ用 染め帯ブログ用
芸妓さんと、色っぽい♥  上布(麻)の着流し 染め帯

京都

8月12日から京都に行ってきました。12日は昼ごろ京都に着いたので、賀茂川の七夕祭りに行きました。七夕飾りがたくさん飾ってあり、それぞれに願いごとを書いた短冊が下げてありました。夜になると光のオブジェや風鈴灯がともされ、また川床では食事や宴会をして盛り上がっています。自分は「京料理と舞妓の夕べ」で舞妓さんと座敷で遊びたいと思って申し込んでいたのですが、10名集まらずに中止になりました、非常に残念でした。仕方がないので京の七夕舞妓茶屋でビールを飲みながら舞妓さんの踊りを見ました。なかなか優雅でいいものです。終わって賀茂川の光のオブジェ等の写真を撮りました、幻想的で良かったです。その後、上七軒の舞妓ビアガーデンに行きました。ここはビールを飲みながら、安上がりに舞妓さんや芸妓さんと少しお話ができる所です。酔いも手伝って芸妓さんと楽しくお話をしましたが、芸妓さんの色気には圧倒されます。それに比べれば舞妓さんは子供のようです。舞妓さんは一般的には20歳迄なので当然かもしれませんが。ただチョイ悪親爺にとってはどちらも魅力的です♥♥

舞妓さんは中学卒業後、通例、半年から2年ほどの「仕込み」期間を経た後、1か月間「見習い」としてだらりの帯の半分の長さの「半だらり」の帯を締め、姐さん芸妓と  共に茶屋で修行する。置屋の女将、茶屋組合よりの許しが出れば、晴れて舞妓として「見世出し」が可能となる。座敷や舞台に上がるときは芸妓も舞妓も白塗りの厚化粧をするが芸妓が通常を付けるのに対し、舞妓は自髪で日本髪を結い、四季の花などをあしらった華やかで可憐な花簪を挿す。舞妓の初期は「割れしのぶ」という髪型で、23年後に「おふく」となり、芸妓への襟替え14週間前には「先笄」を結い、お歯黒を付ける(引眉しないので半元服の習慣が現代に残るものと見てよい)。襟替えの時期は20歳前後の場合が多い。年齢が若いために見習いであるという建前から、衣装はかならず肩上げ、袖上げのされた裾を引いた振袖の着物を着る。ぽっくり(こっぽりとも、京都では「おこぼ」)の下駄にだらりの帯、という派手な格好もあるせいで、現在ではむしろ芸妓(芸子)よりも舞妓のほうが上方花街の代表的存在であるといえるかもしれない。座敷では主に立方を勤め、祇園甲部に限って京舞井上流、それ以外では若柳流などの舞踊を披露する。いずれの出身地にかかわりなく独特の京ことば(祇園ことば)を使うよう教育されるために、京都の象徴であるがごとくあつかわれることも多い。

今回の着物は麻の上布の長着に染め帯を合わせています。

スポンサーサイト

テーマ: 季節の話題 | ジャンル: ブログ

Category: 京都七夕まつり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。