スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

比叡山延暦寺

クリックすれば拡大できます。
P1010095ケーブルカーブログ P1010100ケーブルカ―すれ違 P1010104琵琶湖と坂本ブログ
ケーブルカー  ここで上りと下りがすれ違う 比叡山から見た琵琶湖と坂本
P101010説明板ブログ用 2top根本中堂ブログ用 ei20s不滅の法灯ブログ用 
東塔、西塔、横川の3塔に分かれる、 根本中堂  不滅の宝塔   
P1010112大講堂ブログ用 P1010115.jpg P1010119.jpg P1010121阿弥陀堂ブログ用
大講堂           平和の鐘      左が東塔右が阿弥陀堂  阿弥陀菩薩
ykS3qc写経ブログ用  P1010123.jpg image1_1345529610本堂法要ブ
写経             精進料理         薬師如来と読経

比叡山延暦寺

織田信長を巡る旅の一環として、比叡山延暦寺に行ってきました。京都からJR湖西線に乗って大津市坂本まで行き、坂本で昼食をとりました。昼食の時、比叡山に登れば飲酒がダメかもしれないので生ビールと冷酒を多めに飲みました。ふらふらしながら、日本一長い全長2025メートル所要時間11分のケーブルカーで延暦寺まで登りました。あいにく天候が曇りで琵琶湖と坂本の町が、綺麗には見えなかったので残念です。天気が良ければ絶景だそうです。ケーブルカーは窓を大きくとったヨーロッパ調のデザインで、一瞬スイスに来たのかと勘違いするくらいお洒落でした。頂上の駅について、まず今日の宿泊場所の延暦寺会館に行きました。幸いお盆で宿泊者が少なかったのか、本間の10畳くらいの広い部屋に一人で泊まりました。ただ布団の上げ下ろしは自分でしないといけませんが。荷物を置いて着物に着替えて、会館から登って下って世界遺産である根本中堂に行きました。中のお堂は素晴らしく厳粛な気持ちになりました。中には薬師如来が安置され、1200年間火を灯し続けた不滅の法灯が光り輝いています。ただ撮影禁止で、上の写真はホームページのものをコピーしたものです。その後、下ったので今度は急な登りで大講堂に行き、除夜の鐘で有名な平和の鐘をつきお祈りをしました。さらに登って阿弥陀堂に行きました。上り下りは疲れたので会館に帰り、1時間くらい写経をしました。写経は初めてでしたが、気持ちが集中して1週間に1回くらいすれば気持ちが落ち着くのではないかと思いました。終わっていよいよ夕食です。メニューは精進料理で、お酒はダメかと思いましたがOKとのことで日本酒を飲みました。精進料理は最初からあまり期待していなかったのですが、意外と美味しかったです。それよりも日本酒が美味しく飲みすぎました。

次の日は朝6時に起きて根本中堂に行って630分からの読経と法話を聞きました。身も清められ綺麗になって俗世間に帰ってきました。

比叡山は古代より「大山咋神(おおやまくいのかみ)」が鎮座する神山として崇められていましたが、この山を本格的に開いたのは、伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)上人(766~822)でありました。最澄は延暦7年(788年)、薬師如来を本尊とする一乗止観院(いちじょうしかんいん)(現在の総本堂・根本中堂)を創建して比叡山を開きました。最澄が開創した比叡山は、日本の国を鎮め護る寺として朝廷から大きな期待をされ、桓武天皇時代の年号「延暦」を寺号に賜りました。最澄は鎮護国家の為には、真の指導者である「菩薩僧(ぼさつそう)」を育成しなければならないとして、比叡山に篭もって修学修行に専念する12年間の教育制度を確立し、延暦寺から多くの高僧碩徳を輩出することになりました。特に鎌倉時代以降には、浄土念仏の法然上人、親鸞聖人、良忍上人、一遍上人、真盛上人、禅では臨済宗の栄西禅師、曹洞宗の道元禅師、法華経信仰の日蓮聖人など日本仏教各宗各派の祖師方を育みましたので、比叡山は日本仏教の母山と仰がれています。比叡山延暦寺の最盛期には三千にも及ぶ寺院が甍を並べていたと伝えていますが、延暦寺が浅井・朝倉両軍をかくまったこと等が発端となり、元亀2年(1571)織田信長によって比叡山は全山焼き討ちされ、堂塔伽藍はことごとく灰燼に帰しました。その後、豊臣秀吉や徳川家の外護や慈眼(じげん)大師天海大僧正(1536~1643)の尽力により、比叡山は再興されました。
 昭和62年(1987)8月に、世界から仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンズー教、シーク教、儒教の七大宗教の代表者が集まり、世界平和実現の為に対話と祈りを行う「世界宗教サミット-世界宗教者平和の祈りの集い-が開催され、以降8月4日に比叡山山上にて毎年開催しています。

今回の着物は絽の長着に紗の羽織をあわせています。草履での上り下りは大変です。
 

紺絽長着ブログ用 白紗羽織ブログ用  P1010110.jpg
絽の長着      紗の羽織
 

スポンサーサイト

テーマ: 神社・仏閣巡り | ジャンル: 旅行

Category: 比叡山

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。