スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

比叡山延暦寺と坂本

クリックすれば拡大できます。
P1010069庭園登りブログ用 P1010071茶室1ブログ用 P1010073茶室2説明板ブログ用
旧竹林院の庭       茶室 1             「天の川」説明板
P1010079茶室2ブログ用 P1010075茶室2内部ブログ用 P1010080日吉大社門ブログ用
天の川、名前も洒落ている!  「天の川」内部       日吉神社門
P1010082日吉大社?ブログ用 P1010091光秀石像ブログ用  P1010089穴内衆石積みブログ
日吉神社          明智光秀石像    右の石垣が穴太積み

比叡山延暦寺と坂本

 開山の昔から坂本は、比叡山延暦寺の門前町として栄えてきました。坂本には京都の表の鬼門を守り続けた日吉神社もあります。風流な庭園である旧竹林院は、延暦寺僧侶の隠居所で京都に近いだけ洗練された庭園です。自分が気に入ったのが「天の川」と言われる茶室です。日本の三名園のようにだだっ広くなく、小さい庭園の中に藁ぶき屋根の小さい茶室は最高です。また坂本は延暦寺の補給基地ともなっており、補給を担当した公人屋敷も残っています。

比叡山は京都の鬼門にあたるので、聖武天皇が最澄に命じて比叡山に延暦寺を開山させました。天皇の命による勅願寺のため菊の紋章を使う事を許されています。しかし、やがて仏門の身でありながら徐々に政治に介入し、神輿を担いで強訴を行うようになります。絶大な権力を持っていた白河法王をして「意のままにならぬものは、賀茂の流れ、双六の賽、山法師」と嘆かせたようです。勅願寺ゆえに誰も文句を言えず、信長の時代には、僧侶が坂本へ下りてきて「山門山下の僧衆、王城の鎮守たりといえども、行躰・行法(仏道修行の方法)、出家にも拘わらず、天下の嘲弄をも恥じず、天道のおそれも顧みず、淫乱(酒、色にふけって乱れること)、魚鳥服用せしめ、金銀まいないにふけっている」のような堕落した状態になっていたようです。比叡山は京都を護るためには戦略的に重要な位置にあるのと仏門が政治に介入するため、信長は焼き討ちを行いました。上人高僧であろうが、美女児童であろうが首をはねたようです。比叡山に美女がいること自体がおかしいのです。比叡山延暦寺は焼き討ちをされてリセットし、本来の宗教の姿に戻ったのでかえって良かったのではないでしょうか。 

 信長は焼き討ちの後、明智光秀に坂本城を築かせて京都の東の護りとしました。坂本には穴太積みの石垣がたくさん見られます。この積み方ができるようになったので天守閣を造れるような広い平坦な平面が作れるようになり、信長が初めて安土山(約190メートル)に地上6階(石垣を含めると約56メートル)の天守閣を造りました。琵琶湖の周りには、長浜城、坂本城、安土城が築かれ、京都の東の護りは完璧になりました。後世坂本城址だけは、安土の周りの埋め立てのため琵琶湖の水位が上がり水の下に埋まったようです。やはり謀反人は、日の目が 見られないのでしょうか? 

 琵琶湖拡大       P1010093琵琶湖坂本城ブログ
黄色が坂本城、ピンクが安土城、赤が長浜城  水面下に坂本城の石垣がある。

スポンサーサイト

テーマ: 神社・仏閣巡り | ジャンル: 旅行

Category: 比叡山延暦寺

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。