スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

織田信長と岐阜

 
クリックすれば拡大できます            
 黄金の信長像ブログ用 信長像拡大ブログ用 岐阜城1
岐阜駅の黄金の信長像           現在の岐阜城
岐阜城天守閣1ブログ用 岐阜城天守閣2ブログ用 岐阜城天守閣から長良川を見
現在の天守閣。山頂は狭いので、普段は麓で生活していたようである。遠景
 岐阜城天守閣信長像ブログ用   花押ブログ用 天下布武の印章ブログ用 
 信長木像 1枚1枚花押を書くのは大変だから、天下布武の印章を押すようになった
   
IMG天下布武の印章

織田信長 岐阜城

桶狭間の戦いの後、松平元康(後に徳川家康に改名)と同盟を結び、この同盟は信長が死ぬまで破られることは無かった。この時信長28歳、家康は20歳、裏切りが当たり前の時代において、両雄ともお互いの偉大さを認識していたのかもしれない。後顧の憂いが無くなった信長は西に向かって美濃攻めを開始するがなかなかうまくいかない。斎籐義龍も一流の武将で、しかも美濃3人衆の安藤守就・稲葉一鉄・氏家卜全がガッチリ脇を固めていたのでさすがの信長も攻めあぐんでいた。そこで信長は居城を清洲城から美濃に近い小牧山に城を築いてそちらに移る。「一生懸命」は、元々は「一所懸命」で武士が主君から貰った土地を守るために戦場では命を懸けて戦うことからきている。那古野城→清洲城→小牧山→安土城(まだ後になるが)と次々と城を変えるのは信長だけである。武士にとっては土地が命の時代にあって、次々と必要な場所に移る柔軟な考え方で先進性が垣間見える。城を移した効果があらわれ内通者が出るようになった。有名な秀吉の「墨俣一夜城」で稲葉山城ののど元に匕首(あいくち)を突き付けたので、永禄10年には稲葉山城も落城した。桶狭間の戦いから7年の歳月を要した。

 信長は、井の口という地名の変更を菩提寺である万承寺の沢彦宗恩和尚に依頼した。日本では地名変更は一般的には行わない。むしろ地名をとって姓にすることが多い。清和源氏の源尊氏は足利の地名をとって足利尊氏になるし、新田義貞も同様である。ブレーンから地名変更を提案されて行うのではなく、自分で地名変更をするというアイデアが浮かぶのも信長らしい独創性である。沢原和尚の返事は「周が岐山の麓から起こり、中国全土を平定した」という故事によって「岐阜」という地名を推薦しさらに「天下布武」の印章を使うように勧めた。信長はどちらも採用し尾張美濃で動員兵力は3万余となり、地の利もいかしていよいよ天下布武の道を進んでいくことになる。


 

スポンサーサイト

テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ

Category: 織田信長

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。