スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

博多座と着物

 
クリックすれば拡大できます。
博多座全体1ブログ用
 IMGラ・マンチャの男ブログ用 IMG大歌舞伎ブログ用
 
博多座        ラ・マンチャの男      大歌舞伎
6月大歌舞伎ブログ用 松たか子ブログ用1 龍ブログ用 夏大島絣ブログ用
             松たか子      羽織       夏大島
博多座と着物
博多座の公演は、5月がラ・マンチャの男で、6月が大歌舞伎です。
5月は男女で、6月は男のみで演じます。歌舞伎で若い男が若い女を演じるのはまだ許せますが、中年男が中年女を演じるのはどうしても馴染めません。むしろ拒否反応があり見たくもありません。所作などは女をよく真似ているのですが姿形がどう見ても男で綺麗なものではないしむしろ「醜い」と言っても過言ではないと思います。舞台芸術が醜くてはいけないと思います。同じ舞台芸術で恋物語であるオペラも、ヒロインの歌がいくらうまくても太っていては感情移入ができません。少し声が細くても綺麗で細身の方が感動を与えられると思います♬♬。歌舞伎は江戸幕府の禁止令以来、平成になってもそのまま野郎(野郎歌舞伎)だけで演じているのですが、大衆演劇だった江戸時代ならそれでいいのですが古典芸能になった今では男だけで演じるのはやめて欲しいものです。男は男が演じ女は女が演じる本来の歌舞伎に戻り、また現代語で演じる平成歌舞伎を作って欲しいものです。市川猿之助は代々新進の気風があり先代はスーパー歌舞伎を作りました。今回亀治郎が4代目市川猿之助を襲名しましたので、ぜひ期待に応えて平成歌舞伎を創って欲しいものです。そうしないと、若者は歌舞伎に興味を感じなくなり尻つぼみになります。歌舞伎は、いくら芸がうまくても☀」が無くては大枚はたいて見には来てくれません。義経は猿之助、静御前は松たか子で「義経千本桜」をぜひ見てみたいものです。きっと素晴らしいでしょう♔♕
追伸
  大歌舞伎か松たか子で迷いましたが、「華」のある松たか子を見に行きました。素晴らしかったです♥♥♥。松たか子は、親爺(松本幸四郎)を超えたか?
  今回の着物は、長着は古着の夏大島、羽織は女性の古着を羽織に仕立て直したものです。江戸時代の奢侈禁止令の頃であれば御用となりそうですが、観劇等には気分が高揚して最高です♯♯



スポンサーサイト

テーマ: 芸能一般 | ジャンル: アイドル・芸能

Category: 博多座

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。