スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

新年会と着物

クリックすれば拡大できます。
P1030325大阪屋ブログ用 P1030278ブログ用 P1030281メニューブログ用
大阪屋、マントを羽織る、櫛田神社の福寄せ  博多づくしのメニュー
P1030307券番1和可奈さんブログ用 P1030297ブログ用 P10303123人後ろブログ用
和可奈さん      赤の長襦袢が色っぽい!
P10303183人前ブログ用 おどり1 外人ブログ用
 3人の息もぴったり。   舞妓さん     外人さん
3766日本髪ブログ用 P1030320ブログ用集合 P1030302自分と券番ブログ用
自毛の日本髪 全員集合          幸せ!鼻の下が伸びている!
  
  

千年工房の新年会、着物パーティ

新年会に参加しました。出席者は30名弱でみんな着物を着て、大阪屋という料亭に集まりました。福岡なのに何で大阪屋なのかは、初代が大阪から博多に来て料亭を始めたからと若女将が説明してくれました。博多券番(芸妓)を3人も上げて踊りを見たりお酌をしてもらうのは、なかなかできないことです。これも千年工房のおかげと感謝しています。食事は名物のおきゅうとやめんたい等博多づくしです。途中で景品の抽選があり、着物の反物、帯、草履などたくさんありましたが、自分には何も当たらず残念です!自分の髪で日本髪を結った女性がいらっしゃいましたが、なかなかいいものです。他の女性から羨望の眼差しを受けて、おおモテでした。ちなみに博多券番は鬘(かつら)だそうです。博多には日本髪が結えるような美容院がまだ残っているようです。

博多券番の着物は黒留めですが、自分としては舞妓さんみたいに色ものの着物が好きでその方が女性を綺麗に見せると思います。日本人は髪の毛も黒、眉も黒なので、黒はどうしてもキツイ感じがしますが、金髪の外人男子が黒の紋付羽織を着ると悔しいくらい良く似合います。髪の毛の金色と着物の黒が引立て合っているのでしょう。結婚式も親族は黒留めがルールになっていますが、色留めの方が華やかな感じがしてお祝いの席にはあっているように思います。どうしても黒の着物を着る場合は、女性は最初赤に染めて後で黒に染めた着物を、男性は最初藍で染めて後で黒に染めた2度染めの着物を着ると、黒に深みが出て良いようです。ちなみに宮中に招かれた場合は、黒留めはダメだそうです。
 

P103032ブログ用3人と自分  今回の着物は千年工房の前の一十で買った帯を中心に纏めました。藤布の帯で
時期は早いのですが、千年工房に敬意を表して。着物は市松模様の紬で羽織は刺繍紋の入った羽二重です。

              
スポンサーサイト

Category: 新年会と着物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。