スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

太宰府天満宮と猿回し

クリックすれば拡大できます。
DSC02133歳猿A DSC02143バック転 DSC02144木の上で直立
3歳の猿       バック転        棒の上に直立
DSC02153竹馬ブログ用 P1030597竹馬2ブログ用 P1030609上に立つブログ用
竹馬           1歳の猿、低い竹馬 1歳でも上るのは上手
P1030601ローラースケート2 

ローラースケート

太宰府天満宮と猿回し

 太宰府天満宮の境内の横の広場で猿回しが行われていました。最初は3歳の猿で、この猿は面構えもふてぶてしく色々な技ができます。そのあとに出たのは1歳の猿で、やっと芸をしている感じです。今は猿回しを見ることは少なくなりましたので、両方ともそれなりに楽しめました。猿もペットの犬が来ると「犬猿の仲」と言われるように、犬を警戒して芸をしなくなるそうです



 昔から
の守護神と考えられてきた猿を使った芸は、武家での厩舎の悪魔払いや厄病除け祈祷の際に重宝され、初春の祝福芸を司るものとして、御所高家への出入りも許されていた。それが室町時代以降から徐々に宗教性を失い、猿の芸だけが独立して、季節に関係なく大道芸として普及していった。明治以降は、多くの猿まわし師が転業を余儀なくされ、江戸・紀州・周防の3系統が残されて活動した。昭和初期になると、猿まわしを営むのは、ほぼ山口県光市浅江高州地域のみとなり、この地域の芸人集団が全国に猿まわしの巡業を行なうようになった。

 


スポンサーサイト

Category: 猿回し

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。