スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

京都旅行と着物2

クリックすれば拡大できます。
P1040628ブログ用 P1040630ブログ用 矢通しブログ用
三十三間堂        着物を着た美女二人   三十三間堂の矢通し
P1040635ブログ用 P1040633ブログ用 廣隆寺弥勒菩薩半跏思惟ブロ
廣隆寺 の十善戒      廣隆寺         弥勒菩薩
P1040646ブログ用 P1040655ブログ用 P1040665ブログ用
渡月橋          京大和の門       翠紅館
P1040662ブログ用 P1040659ブログ用 P1040656送陽亭ブログ用
三条実美直筆の額  翠紅館 から見た八坂の塔と市内  送陽亭

京都旅行


4
28日奈良から帰ってきて、国宝三十三間堂に行きました。


国宝三十三間堂

国宝の千手観音坐像とその周りに前後10列に整然と並ぶ等身
大の
1000体の観音立像は素晴らしかったです。また観音像には、
必ず会いたい人に似た像があると伝えられています。
113
には三十三間堂で新春恒例の「通し矢」が行われ、晴れ着姿の
新成人たちが弓の腕前を競い合います。今年は約
1500人の新
成人たちが参加、60メートル先にある直径1メートルの的を
見事に射抜くと、観客から大きな歓声が上がるそうです。


429日も、着物を着て以下の所を観光しました。


廣隆寺

聖徳太子建立のお寺で、教科書等に載っている弥勒菩薩半跏思
惟像が有名です。この半跏思惟像は、「一切衆生をいかにして
救おうかと考えている」お姿を表しているそうです。


渡月橋、嵐山

渡月橋という名前の由来は、橋のかたちが月が渡っていく様子に
似ていることから、亀山上皇に命名されたといわれています。
渡月橋の近くの少し奥まった所には風流な湯豆腐の店やお寺が
あります。
天龍寺の近くの有職菓子御調進所「老松」で「夏柑糖」
と「御所車」というお菓子を買って帰りました。両方とも
美味しかったです。


京大和

京大和の翠紅館で昼食をとりました。782年に建立された霊山寺に
端を発し豊臣秀吉も何度もこの地を訪れたそうです。西本願寺の
別邸になったあと、幕末には三条実美、桂小五郎等の志士が集い
攘夷の方策を練った「翠紅館会議」の舞台となりました。庭に
出ると八坂の五重の塔と京都市内が一望できます。同じ敷地に
ある送陽亭には、桂小五郎、武市半平太、井上薫等が集まり
会合を開いたそうです。

 

P1040642ブログ用 P1040650宝厳院ブログ用 P1040670ブログ用

                 外人さん。写真を撮ってもいいですかと尋ねると                               「どうぞ」と言われてビックリ!

今回の旅行では3日間とも、着物で観光しました。天気も良かったので
単衣の着物がピッタリでした。この羽織は、燕の柄が入っていますが、
渡月橋の近くで丁度燕が飛んできて、巣作りをしていました。季節感も
バッチリでした。

 


スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

Category: 京都旅行と着物2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。