スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

紗合わせ

クリックすれば拡大できます。
P1050695裏1番ブログ用 P1050853ブログ用P1050857ブログ用  

羽織の裏           透けて見える。 右手の所も透ける。
 P1050862ブログ用   P1050801ブログ用
全体

紗合わせの羽織

女性物の紗合わせの古い羽織がありました、そのままでは

裄が短いので、その内側の紗と自分の絽の羽織を合わせて

紗合わせを仕立てて貰いました。内側の柄が藤娘で少し

女性っぽいのですが、遊びで羽織を作ってみました。出来

栄えは上々で、柄が少し透けて見えて最高です。上が絽

なので、柄があるのは分かるが詳細な柄は見えないので

歩いている時には女性っぽい柄でも大丈夫です。基本的に

遊びの時に着ます。

 

紗合わせ

薄物の着尺2反を使って一枚の長着に仕立てたものを

合わせといいます。紗合わせは仕立ての方法からうまれた

名称だと思っています。二反とも紗の生地で色や柄が異なる

組み合わせや外側が紗で内側が絽のように種類の異なる組み

合わせの時もあります。外側が濃い色で内側が薄い色で、

柄は内側の方にするデザインが多いです。種類の異なる織物

を重ねると光線の具合で、色がころころ変わって見えたり、

下の模様が隠れたり、よく見えたりします。このような効果を

ねらって「合わせ」にするので 外側の方が透けた部分がある

生地じゃないと意味がありません。

着る時期

人によって言う事が違います。ネットで6月末の10日ほどとか

2週間ほど。69月に着るとか。 6月に着るけど9月は着ない

とか それから 「紗袷」という人は6月から単衣になる、紗袷

だからその前月5月に冬物は暑いのでという日に着る これが

究極のおしゃれと紹介をしている人もいます。現在 6月から

単衣、78月は薄物、10月から袷というのも守るのはしんどい

気がします。10月だと暑い日もあり単衣で十分と思う日もある

のです。基本的に透けた着物なので真冬というのは違うと思い

ますが。それ以外 持っている人が着たいと思う時に着る。

これで良いのじゃないでしょうか?

 
P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り 裏

男の着物の本を出版しました。180ページ、1,500円です。

ご購入はアマゾンまたは全国チェーンの大型書店で!


スポンサーサイト

テーマ: メンズファッション | ジャンル: ファッション・ブランド

Category: 紗合わせ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。