スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

着物の接ぎ方

クリックすれば拡大できます。

接ぎ羽織1番補正版ブログ用
 ママ羽織1番補正版_edited-1 接ぎ羽織『手を広げる_補正ブ 
        A                                 B                         接いだ羽織を着用 

  P1000122接ぎ羽織1番ブログ用 P1000126帯1番ブログ用  ふくひろ長着1番ブログ用
 
接いだ羽織の拡大  帯の拡大      長着の拡大

楼門と着物ブログ用
接いだ部分と長着の色を合わせるとお洒落になる。

着物の接ぎ方

現代には無い貴重な古着♔やお洒落な女性物♥を自分用に作り替える場合には裄が足りないことが多いですが、どうしても諦められない場合には裄に接ぐ裏技があります。その裏技を使えば、男物の羽織や長着或いは女物の長着でも胴周りが合えば仕立て直して羽織や長着として使えるようになります。その裏技ですが一般的には肩の所か裄の先で接ぎますが、それではいかにも短いので接ぎましたという感じになります☂。裏技は、上の写真のように右側は肩の少し先に接いで左は袂の先ではなく少し手前で接ぐようにします。上手に接げば、接いだ所がお洒落なデザインになります☀。仕立て代は少し高くなりますが、どちらも少しずらして接ぐのがポイントです。左右が逆になっても構いません。

接ぐ場合には端切れを使ってセンス良く接ぐ必要があり、Bの写真は家内の接いだ羽織でAの写真は自分の接いだ羽織です。自分の羽織は及第点ですが家内の羽織はバッチリです★★。接ぐ着物に柄がある場合には同系色の無地を、接ぐ着物に柄が無い場合は柄入りの布地で地色を合わせるとうまくいくようです。これを使えば羽織だけでなく長着にも、お洒落な女物が使えるようになるし今まで眠っていた素晴らしい着物を復活させることができるかもしれません☀☀。
 
 
下の写真は羽織も帯も長着も全部小さい市松模様です。市松模様は、ルイ・ヴィトンがダミエ柄で真似をしたように非常に面白く柄が大きくても小さくても上品です。

 

スポンサーサイト

テーマ: 実用・役に立つ話 | ジャンル: 趣味・実用

Category: 接ぎ方

着物と写真撮影

クリックすれば拡大できます。
カメラ横1番ブログ用
 カメラ縦ブログ用 DSC02063撮影セットブログ用
左がコンパクトデジカメ、右がミラーレス一眼    三脚、カメラ、レフ板
カメラ撮影1番ブログ用1版 P1000033.jpg    玄間龍羽織ブログ用
>
  撮影方法       RAWの写真   JPEGの写真

着物と写真撮影

着物を撮影するカメラはコンパクトデジカメ(ソニーのサイバーショット)を使っていたのですが、今度いま流行のミラーレス一眼レフを買いました。カメラの雑誌をいくつも買って色々調べてみましたがどの雑誌も推奨していたのと価格がリーズナブルなので、パナソニックのルミックスDMCGXを購入しました。本当は普通の一眼レフが良いのでしょうが、腕が未熟なのと着物を着て持ち運ぶには重たすぎるので、ミラーレス一眼レフにしました。サイバーショットの重量は約200グラム、ルミックスは413グラムでコンパクトデジカメより2倍の重さになりますが普通の一眼レフに比べれば許容範囲です。今までは通りがかりのカメラに詳しそうな人に撮ってもらっていましたが、現在は3脚を使って色々な撮影モードで、インテリジェントオートの3種類の露出を変えて撮るオートブラケットで3枚、プログラムオートの強制フラッシュ(日中シンクロ撮影)1枚、絞り優先オートの強制フラッシュ1枚でセルフタイマーを使って同じポーズに最低でも5枚は撮影しています。カメラに付いている液晶で撮影した写真の確認はできるのですが、屋外では綺麗に撮れたがどうか分かりにくいので、数打てば当たる方式でたくさん撮影してパソコンで確認、修正をするようにしています。撮影した後の保存形式はJPEGのファインRAWの両方にしています。RAWは色々修正ができるのですが、修正しなくてもそのまま現像しても十分綺麗です。比較してみると分かるのですがJPEGで保存した写真は青みがっていますが、RAWの写真は自然な色です。カメラで腕の悪さをカバーできそうです。右上の写真は自分の撮影用の道具一式で、3脚、ミラーレス一眼、レフ板、着物用の手提げ袋を大きなバッグに入れています。

 どなたかカメラに詳しい人で着物をきれいに撮る撮影方法等、良いアイディアがあれば教えて下さい。

 

テーマ: 着物 | ジャンル: ファッション・ブランド

Category: 写真撮影

北海道と着物

クリックすれば画像を拡大できます。
P1000058.jpg
 P1000051.jpg P1000055.jpg
クラーク像      北海道庁          時計台
キタキツネブログ用 野生のヒグマブログ用 野生の牡鹿ブログ用
餌を貰うため車を止める痩せこけたキタキツネ  熊            立派な角の雄鹿
網走刑務所の食事ブログ用    燕ブログ用
網走刑務所の食事、完全栄養食   燕の羽織の拡大

北海道と着物

自分の子供が北海道に住んでいるので、北海道へ旅行に行ってきました。6月は着物のルールでは単衣ですが、北海道にはそのルールがちょうど当てはまります。ただし九州では汗だくになります。北海道に行く時から着物を着て行く予定でしたが雨が降りそうなので洋服で行きました。正絹の着物は雨に濡れたらいけないので困ります。ただ天気には敏感になり、五感をフルに活動させます。当日は北大の大学祭があっていたので、大学祭の見学とクラーク像の前で写真を撮りました。クラーク像は札幌農学校初代教頭であるウィリアム・スミス・クラークマサチューセッツ農科大学前学長)です。クラーク博士が米国帰国にあたり札幌近くの島松で馬上から叫んだというBoys,be ambitious.」(少年よ、大志を抱け)の精神は、現在でもこの大学に受け継がれているようです。大学祭ではお酒が禁止になっているのでドンちゃん騒ぎが無く、寂しい限りです。

翌日晴れたので道庁と時計台の前で写真を撮りました。今回の着物は単衣の白大島に燕の羽織です。ツバメの羽織は女性物の長着を羽織に仕立て直したものです。北海道にツバメは来るか?ツバメの飛来は北海道東部が北限のようです。

中の写真は2年前知床に行った時の写真で、道路のそばに普通に野生のキタキツネ、熊や鹿がいます♫♬。オオカミが少なくなったので、鹿が増えすぎて困っているそうです。網走刑務所の食事は、ご飯は麦飯ですが非常に美味しかったです。

テーマ: メンズファッション | ジャンル: ファッション・ブランド

Category: 北海道

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。