スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

信長の上洛

クリックすれば拡大できます。
IMG城1琵琶湖城ブログ用 IMG地図代官をおく場所ブログ IMG紋桐ブログ用
右上赤が浅井長政 堺、大津、草津に代官をおく 義昭より拝領、五三桐
青が箕作城、赤が観音寺城
IMG紋二引き両ブログ用 IMGつくもなす2ブログ用 IMG茶入れ2ブログ用
義昭より拝領、二引両 付藻茄子の茶入れ  左が金花、右が松花の茶入れ
P1010001信長像ブログ用          P1010725日本酒信長ブログ用 P1010728信長日本酒、中身ブ
二男信雄が信長に一番似ていると言っていた宣教師の書いた信長像。
美男子である。お市も絶世の美女と言われていたので、むべなるかな。
「信長」の日本酒も美味しい!

信長上洛

 信長は岐阜城に移ったあと、いよいよ京都に上るための準備を進める。まず北近江の浅井長政にお市の方(実の妹)を嫁がせて同盟を結ぶ。都合のよいことに、越前にいた足利義昭が明智光秀を介して信長に接触してくる。信長は了承して、京都に上ることを約束する。すでに天皇からの綸旨も来ていたので、朝廷と将軍の二つの大義名分がそろった。京に上る場合には、浅井長政は同盟しているので問題ないが、南近江を支配している六角承禎(じょうてい)を説得しなければならない。説得を試みたが決裂したので、尾張、美濃、北伊勢の兵5万で六角氏の観音寺城を囲む。観音寺城は山に沿っていくつも城が築かれた難攻不落と思われた城であったが、支城の箕作(みのつくり)城を猛攻して1日で落としてしまったので六角承禎は恐れをなして伊勢の方に逃れた。これで京都への道が確保できたので、足利義昭と共に上洛した。京都に着くと、足利義昭は喜びのあまり信長を義父と呼ぶほどであった。朝廷に奏上して足利義昭は晴れて室町幕府の15代将軍になった。足利義昭は、褒美として副将軍にしようとか摂津・泉等を望みのまま与えようかと言ったが信長はすべて断った。副将軍になれば義昭の家来にならないといけないし、摂津をもらってもすでに他人の支配地であり意味がない。義昭も困り果て、桐の紋と二引両の紋を押しつけたが、信長は紋だけはちゃっかり頂いた。それと堺と大津と草津に代官を置くことを言って認められた。堺は堺商人が、大津・草津は近江商人が活躍し富の蓄積地であり、また大津・草津は上洛の途中にあり重要な地域である。経済に明るい信長の発想である。後に、堺には2万貫の矢銭(軍資金)を課すようになる。

 信長が上洛すると、たくさんの武将や芸術家が挨拶に訪れた。松永久秀は秘蔵の天下の名器の茶入れ「付藻茄子(つくもなす)」を献上して大和一国の斬りとりをゆるされている。連歌師の紹巴(じょうは)が扇子を二本台にのせて献上した時に

二本(日本)手に入る今日の悦び。」

と発句をつくって脇句をうながした。とっさのことなので周りがビックリしたようであるが、信長は苦もなく

舞いあそぶ千代万代(ちよよろずよ)の扇にて

とつけた。このやりとりはたちまち京中に広がった。信長のイメージが風雅の武将に一変した。もともと父の信秀の時代から京都の公家や文化人を招いてお謡いや蹴鞠なども習っていたようである。お茶は誰に習ったかわからないが、のちに名器狩りをするくらいだから相当好きだったようである。信長が好きで大々的に行い現在までに残っている日本文化は、お茶や相撲である。信長は軍事面だけでなく、色々な面に才能がある天才であったと思われる。

 


スポンサーサイト

Category: 歴史

博多献上道中

クリックすれば拡大できます。

 74af978c4a46abe42c0b68d1d142af7d1-212x300[1]
 P1010788.jpg  P1010790.jpg 
パンフレット、献上帯 川端商店街に集合    商店街を歩く
 P1010792.jpg P1010881.jpg P1010820.jpg
博多券番(芸妓)を先頭に!博多駅に移動  駅長も激励のあいさつ
 P1010827ブログ用 P1010818ブログ用 P1010844.jpg
    博多駅に整列        三味線と笛    承天寺に向かう
P1010852ブログ用 P1010850.jpg  P1010873ブログ用   
 大博通りを歩く   三味線を弾きながら艶やかに   承天寺の燈明

博多献上道中

博多献上道中に参加しました。博多駅では通行人も外人さんも多く、みんな写真を撮っていました。来年は、若い女性も参加して欲しいものです

 

博多献上道中」は、博多の伝統工芸品・博多献上帯を締めて、博多織の始祖である満田弥三右衛門のゆかりの寺を参ることから始まりました。
博多灯明ウォッチングに合わせて開催され、博多券番を先頭に、黒留袖に博多献上帯姿の女性たちが、旗や提灯を持った男性らを従え、灯明で彩られた博多の街を情緒たっぷりに歩きます。
博多駅をスタートし、御供所町のお寺を参り、今年からは新たに川端商店街、櫛田神社方面も練り歩きます。一般参加者も含め、総勢約50名の艶やかな行列です。

<博多献上道中コース>
17:00
 川端商店街を歩きます。
18:30
 JR博多駅前広場をスタート →承天寺 → 聖福寺 → 東長寺

「献上」の名称由来

 慶長5年(1600年)黒田長政が筑前を領有するようになってからは、幕府への献上品として博多織を選び、毎年3月に帯地十筋と生絹三疋を献上するようになりました。その模様は仏具の「独鈷」「華皿」との結合紋様と中間に縞を配した定格に固定されていました。それ以前は単に独鈷、華皿浮け柄といわれていたものが、それ以来「献上」と呼称されるようになったのです。(写真:上「華皿」、下「独鈷」) 

 
    華皿
   img_01[1]  hakata-kenjyou3[1]

  
  独鈷
(どっこ)        縞華皿 独鈷
    密教法具の一つ。真言宗では、煩悩を破砕し、菩薩心を表わす金属製の仏具であり、修法に用いられま    
    す。細長く手に握れるほどの大きさで、中程がくびれ両端がとがっています。
 
 
  華皿(はなざら)
    元来は仏具の一種。仏の供養をするとき、花を散布するのに用いられる器です。
   華皿を図案化した模様

   (しま)
    献上の模様の「縞」には両子持(りょうこもち)と中子持(なかこもち)を使います。
   ↑両子持(孝行縞)
   ↑中子持(親子縞)

 

テーマ: 福岡 | ジャンル: 地域情報

Category: 博多

東京駅と着物

クリックすれば拡大できます。
12446a95-s[1] e7b71dbc-s[1] P1010587赤坂ATC1番ブログ用 
人間国宝 坂東玉三郎 檀れい色っぽい 赤坂ATCシアターとTBS
P1010591東京駅全体ブログ用 P1010604.jpg  P1010606.jpg
ライトアップされた東京駅  夜の蝶、東京駅         観光客の多いこと!
P1010637.jpg P1010645.jpg P1010610.jpg
駅に向かって左側      中 昼の淑女             右側
P1010622皇居2ブログ用      P1010649.jpg8日ブログ用ホテ 羽織紐、無双ブログ用
恐れ多くもホテルから見た皇居 ホテルの飾付は晩秋、着物は初秋 自作の羽織紐

東京駅と着物

106日から8日の連休に、自費出版の会社の様子見と遊びを兼ねて東京に行きました。1週間前に急に決めたので旅行社にはパックもありませんと言われて意気消沈していましたが、ネットで調べてみると良いのがひとつ残っていましたのですぐ決めました。6日の午後の便で福岡から羽田に着いて、出版社を1つ見てホテルに行きました。

 次の日の朝、出版社は休みでしたが会社の立地や雰囲気を周りから眺めました。その後「男の着物・もとじ」にいって反物を見せてもらいました。午後には雨も止んだので、着物に着替えて赤坂ATCシアターに有吉佐和子原作「ふるあめりか(アメリカ)に、袖はぬらさじ」を見に行きました。坂東玉三郎主演、檀れい共演で涙あり笑いありで玉三郎の違った一面が見られて面白かったです。欲を言えばもう少し長く、檀れいに出演してもらいたかったです。歌舞伎は幕府の禁止令以来、男だけで(野郎歌舞伎)演じているのですがそろそろ歌舞伎の原点に立ち返り男は男、女は女が演じる平成歌舞伎を作って欲しいものです。その場合には女性役として松たか子や檀れいが最適で、早く平成歌舞伎が実現して欲しいものです。

 その後、改装された東京駅を見に行きました。

1914年(大正3年)に創建された赤レンガの東京駅「丸の内駅舎」が、2012年10月1日、約100年前の形によみがえった。「日本近代建築の父」といわれる辰野金吾により設計された堂々たる駅舎は、1945年(昭和20年)5月の空襲で失われた南北のドームや、駅舎3階部分を“復原”し、開業当時の風格ある、美しい姿を取り戻した。復原には2007年から約5年をかけ、総工費約500億円という大工事となった。延べ床面積は工事前の2.2倍に当たる4万3千平方メートルと大幅に拡充された。

 

着くころには日も落ちてライトアップされた東京駅は、幻想的で非常に美しかったです。建物も素晴らしいが、ライトアップも非常に上手です。連休と開業当初という事で、観光客も多くみんな写真を撮っていました。次の朝も東京駅の写真を取りに行ったのですが、逆光になり良い写真が撮れませんでした。写真を撮る場合は正午以降が良いですが、東京駅は夜の方がお勧めです。

 着物は袷の季節ですが、暑いので単衣の着物に単衣の羽織を合わせています。エレベーターの中で、夫婦連れの女性に着物を褒められて嬉しくなりました。羽織紐は、革紐にとんぼ玉とお亀・ひょっとこを通して自作しました。

 


テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

Category: 東京駅

織田信長と岐阜

 
クリックすれば拡大できます            
 黄金の信長像ブログ用 信長像拡大ブログ用 岐阜城1
岐阜駅の黄金の信長像           現在の岐阜城
岐阜城天守閣1ブログ用 岐阜城天守閣2ブログ用 岐阜城天守閣から長良川を見
現在の天守閣。山頂は狭いので、普段は麓で生活していたようである。遠景
 岐阜城天守閣信長像ブログ用   花押ブログ用 天下布武の印章ブログ用 
 信長木像 1枚1枚花押を書くのは大変だから、天下布武の印章を押すようになった
   
IMG天下布武の印章

織田信長 岐阜城

桶狭間の戦いの後、松平元康(後に徳川家康に改名)と同盟を結び、この同盟は信長が死ぬまで破られることは無かった。この時信長28歳、家康は20歳、裏切りが当たり前の時代において、両雄ともお互いの偉大さを認識していたのかもしれない。後顧の憂いが無くなった信長は西に向かって美濃攻めを開始するがなかなかうまくいかない。斎籐義龍も一流の武将で、しかも美濃3人衆の安藤守就・稲葉一鉄・氏家卜全がガッチリ脇を固めていたのでさすがの信長も攻めあぐんでいた。そこで信長は居城を清洲城から美濃に近い小牧山に城を築いてそちらに移る。「一生懸命」は、元々は「一所懸命」で武士が主君から貰った土地を守るために戦場では命を懸けて戦うことからきている。那古野城→清洲城→小牧山→安土城(まだ後になるが)と次々と城を変えるのは信長だけである。武士にとっては土地が命の時代にあって、次々と必要な場所に移る柔軟な考え方で先進性が垣間見える。城を移した効果があらわれ内通者が出るようになった。有名な秀吉の「墨俣一夜城」で稲葉山城ののど元に匕首(あいくち)を突き付けたので、永禄10年には稲葉山城も落城した。桶狭間の戦いから7年の歳月を要した。

 信長は、井の口という地名の変更を菩提寺である万承寺の沢彦宗恩和尚に依頼した。日本では地名変更は一般的には行わない。むしろ地名をとって姓にすることが多い。清和源氏の源尊氏は足利の地名をとって足利尊氏になるし、新田義貞も同様である。ブレーンから地名変更を提案されて行うのではなく、自分で地名変更をするというアイデアが浮かぶのも信長らしい独創性である。沢原和尚の返事は「周が岐山の麓から起こり、中国全土を平定した」という故事によって「岐阜」という地名を推薦しさらに「天下布武」の印章を使うように勧めた。信長はどちらも採用し尾張美濃で動員兵力は3万余となり、地の利もいかしていよいよ天下布武の道を進んでいくことになる。


 

テーマ: ブログ | ジャンル: ブログ

Category: 織田信長

夏の着物

クリックすれば拡大できます。
浴衣ブログ用   P1000549.jpg 東京行き着物姿ブログ用  P1000297着流し1番ブログ用
綿の浴衣    綿麻の近江縮    麻の小地谷縮 亀甲柄の麻の着物 
  小地谷縮と黒紗羽織1番ブロ          7月用着物待合室3ブログ用            南西櫓着物2ブログ用   新羽織絽長着小倉城2番ブログ  
 紗の羽織を羽織る 単衣の羽織             絽の長着に紗の羽織
黒髭紬、縞袴、夏大島1補正 DSC01741反襦袢ブログ用
絽の袴        半襦袢に襟と袖を付けた

夏着物

今回は夏の着物をまとめてみました。着物は着てしまえば暑くないのですが、着る時が暑くて汗が出ます。夏に着物を着る場合は、全館冷房であれば問題無いのですが、そうでない場合はまず冷房がきく部屋に姿見の鏡や着物を着るのに必要なものを全て揃えます。トイレも済ましておきます。そして、先ずステテコと反襦袢を着て足袋を履きます。長着が透ける素材の場合は麻の長襦袢を着ますが、麻は少しチクチクするのでほとんどは反襦袢にしています。反襦袢には衿と袖をつけています。足袋の色に関しては、白が涼しげに見えるのでお勧めです、素材は綿でも麻でも構いません。間違っても紺足袋や黒足袋は履いてはいけません、暑苦しく又重たく見えて最悪です。草履はエナメルよりも藁(竹皮)の草履が涼しげで良いでしょう。浴衣の場合は下駄になりますが、今はどこも舗装してあるので底にゴムの張ってある右近下駄が良いでしょう。右近下駄もなるべく白っぽいのがお勧めです。仕上げにパナマハットを被れば最高です。

以前にも書いたことですが、夏の着物は他人が見て涼しく装う事が必要です。涼しく装う方法は

 ①絽や紗等の透ける素材を使う。特に若い?女性の紗の着物は長襦袢が透けて見えて非常に色っぽいです♥♥。男はゾクットきます♫♫。

 ②着物の素材があまり透けない場合は、白を上手に使えば涼しく見えます。長着の色とも関係しますが、衿と足袋は白がお勧めです。男性で草履を履く場合、藁(竹の皮)等の生成りの色の草履が白足袋ともマッチして綺麗です。帽子やバッグなども白っぽい色にすればさらに良いでしょう。

どちらの場合も最後の締めは帯です。羅等の穴のあいた帯や白っぽい帯で貝の柄とか、女性の場合は金魚等が描いてある帯が最高でしょう。

 

テーマ: メンズファッション | ジャンル: ファッション・ブランド

Category: 男の着物

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。