スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

日本男子よ 着物を着よう!Ⅰ

クリックすれば拡大できます。
表 ほんの背中 裏  税込1,500円


男の着物の本の出版

621()に男の着物の本「日本男子よ着物を着よう!」
を発売します。A5版で約180ページです。この本は売る方の
立場ではなく着る方の立場で、お洒落でモダンな平成の着方を
提案しています。洋服は立体裁断で体に合わせるので外人の
ように立派な体格が無いとあまり似合いません。それに対して
着物は直線裁ちで作るので必ずしも立派な体格必要ありません。
特に年をとりお腹も出て髪が薄くなると洋服は全く似合わなく
なりますが、逆に着物は人間の味が出て良く似合うようになります。
皆さんも着物を着てみませんか。新しい世界が開けます。
まずは夏の浴衣から始めるのがよいでしょう


目次   

初めに

1.着物を着る場合に必要なもの 2.着物の着方(着る順番)

   7ページブログ用  足袋のはき方ブログ用  9ページ羽織袴ブログ用

   羽織袴は日本男子を最も格好良く見せてくれます。
    

3.季節の着物実例集       4.自分の着物始め

    
P1040069自分ブログ用 P1020012御花ブログ用 P1040593ブログ用
福岡城の潮見櫓     柳川市のお花       東大寺大仏殿


5.着物の寸法(裄、丈、胴周り) 6.着物の素材

7.着物の袷、単衣        8.着物の格

9.着物の始め方   10.自分に似合う色の見つけ方
 P1000549小倉城1番ブログ用       21ページ左腕、切り取って使

  浴衣から始める。 似合う色を簡単に診断できる方法があります。

11.色          12.組合せ

                
紫 福ひろブログ用   P1040163小倉城左昼ブログ用 厳島神社1番補正版ブログ用

       
小倉城    厳島神社
        
紬の着物に柔らか物の羽織。柔らか物の長着に柔らか物の羽織

13.長着           14.長着の裏地
34ページ上丈が短いブログ用          27ページ下八掛けブログ用
このように寸足らずにならないように。裏地は相手から見える。

トンボ2番 (2)  
トンボのように、前だけを見て飛びたい!



 グーグル+橘智典、Twitter橘智典


続きは次回のブログで。

スポンサーサイト

テーマ: メンズファッション | ジャンル: ファッション・ブランド

Category: 日本男子よ 着物を着よう!Ⅰ

春の花

クリックすれば拡大できます。
平成25年4月ブログ用 P1040600藤棚ブログ用 P1040627瓊花(けいか)と藤ブログ用
チューリップ                     藤棚           瓊花(けいか)と藤
P1040598藤ブログ用 P1040598藤拡大ブログ用 P1040601藤ブログ用
 つる藤
バラ拡大ブログ用 玄関バラブログ用 P1040718バラ北側ブログ用
バラ
紫カーネーションと奥村土牛 P1040764ブログ用 P1040768ブログ用
紫カーネーション   アフリカンマリーゴールド

春の花

1.

  藤は棚に仕立てられたものがほとんどですが、自分は
 他の木に巻きついて上の方に上って咲いている野生の藤が
 好きです。巻きつく木にもよりますが、杉に巻きついて上
 まで登り杉の緑と藤の紫の対比ははっとする美しさが
 あります。

日本では園芸植物として藤棚や盆栽に仕立てられることが多い。
山林に自生するフジは、つる性であるため、樹木の上部を覆って
光合成を妨げるほか、幹を変形させ木材の商品価値を損ねる。
このため、植林地など手入れの行き届いた人工林では、フジの
ツルは刈り取られる。これは、逆にいえば、手入れのされて
いない山林で多く見られるということである。近年、日本の
山林でフジの花が咲いている風景が増えてきた要因としては、
木材の価格が下落したことによる管理放棄や、藤蔓を使った
細工など)を作れる人が減少したことが挙げられる。

 

2.バラ

 ギリシャの叙情詩人アナクレオンが、紀元前6世紀に、

「バラなる花は恋の花、バラなる花は愛の花、バラなる花は
 花の女王」と唄っている。


 

 ・「大きなる 紅ばらの花 ゆくりなく ぱっと真紅に

  ひらきけるかも」北原白秋

 

3.カーネーション
 カーネーションも、紫の花ができて非常になまめかしいです。
 

4.アフリカン マリーゴールド

  マリーゴールドにはアフリカン系とフレンチ系がありますが、
 アフリカン系は花が大きく高さが高いので花壇には最適です。
 メキシコ原産ですがアフリカ北部に帰化して後に、これを改良
 したことから、アフリカンマリーゴールドと呼ばれています。


表   10ページ右藤布帯ブログ用  Twitter 橘智典も見て下さい。
6月21日発売      藤布の帯
  

テーマ: バラが好き! | ジャンル: 趣味・実用

Category: 春の花

京都旅行と着物2

クリックすれば拡大できます。
P1040628ブログ用 P1040630ブログ用 矢通しブログ用
三十三間堂        着物を着た美女二人   三十三間堂の矢通し
P1040635ブログ用 P1040633ブログ用 廣隆寺弥勒菩薩半跏思惟ブロ
廣隆寺 の十善戒      廣隆寺         弥勒菩薩
P1040646ブログ用 P1040655ブログ用 P1040665ブログ用
渡月橋          京大和の門       翠紅館
P1040662ブログ用 P1040659ブログ用 P1040656送陽亭ブログ用
三条実美直筆の額  翠紅館 から見た八坂の塔と市内  送陽亭

京都旅行


4
28日奈良から帰ってきて、国宝三十三間堂に行きました。


国宝三十三間堂

国宝の千手観音坐像とその周りに前後10列に整然と並ぶ等身
大の
1000体の観音立像は素晴らしかったです。また観音像には、
必ず会いたい人に似た像があると伝えられています。
113
には三十三間堂で新春恒例の「通し矢」が行われ、晴れ着姿の
新成人たちが弓の腕前を競い合います。今年は約
1500人の新
成人たちが参加、60メートル先にある直径1メートルの的を
見事に射抜くと、観客から大きな歓声が上がるそうです。


429日も、着物を着て以下の所を観光しました。


廣隆寺

聖徳太子建立のお寺で、教科書等に載っている弥勒菩薩半跏思
惟像が有名です。この半跏思惟像は、「一切衆生をいかにして
救おうかと考えている」お姿を表しているそうです。


渡月橋、嵐山

渡月橋という名前の由来は、橋のかたちが月が渡っていく様子に
似ていることから、亀山上皇に命名されたといわれています。
渡月橋の近くの少し奥まった所には風流な湯豆腐の店やお寺が
あります。
天龍寺の近くの有職菓子御調進所「老松」で「夏柑糖」
と「御所車」というお菓子を買って帰りました。両方とも
美味しかったです。


京大和

京大和の翠紅館で昼食をとりました。782年に建立された霊山寺に
端を発し豊臣秀吉も何度もこの地を訪れたそうです。西本願寺の
別邸になったあと、幕末には三条実美、桂小五郎等の志士が集い
攘夷の方策を練った「翠紅館会議」の舞台となりました。庭に
出ると八坂の五重の塔と京都市内が一望できます。同じ敷地に
ある送陽亭には、桂小五郎、武市半平太、井上薫等が集まり
会合を開いたそうです。

 

P1040642ブログ用 P1040650宝厳院ブログ用 P1040670ブログ用

                 外人さん。写真を撮ってもいいですかと尋ねると                               「どうぞ」と言われてビックリ!

今回の旅行では3日間とも、着物で観光しました。天気も良かったので
単衣の着物がピッタリでした。この羽織は、燕の柄が入っていますが、
渡月橋の近くで丁度燕が飛んできて、巣作りをしていました。季節感も
バッチリでした。

 


テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

Category: 京都旅行と着物2

奈良旅行と着物

クリックすれば拡大できます。
P1040559東大寺南大門 P1040563右吽形(うんぎょう、口を閉じた像)ブログ用 P1040561阿形(あぎょう、口を開いた像)左金剛力士像ブログ
東大寺南大門  木造金剛力士立像 吽形(うんぎょう)阿形(あぎょう)
P1040564東大寺中門ブログ用 P1040593ブログ用 P1040578大仏ブログ用     
東大寺中門        東大寺大仏殿    盧舎那仏(るしゃなぶつ) 
P1040582ブログ用 P1040588穴ブログ用 P1040599春日大社?ブログ用
 虚空蔵菩薩      柱に穴!                   春日大社
P1040595鹿ブログ用P1040615興福寺東金堂と五重塔ブログ用 IMG興福寺阿修羅像
春日大社の鹿      興福寺東金堂と五重の塔  阿修羅像

奈良旅行

28日は奈良の東大寺、春日大社、興福寺を見学

しました。

東大寺(とうだいじ)は、奈良時代8世紀)に聖武天皇

国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる

盧舎那仏(るしゃなぶつ)を本尊とし、開山(初代別当)は良弁

ある[1]東大寺は1998に古都奈治承4年(1180)の

平重衡の兵火で大仏殿は焼失、大仏も台座や下半身の一部

を残して焼け落ちた。その後、大仏と大仏殿は重源の尽力

により再興され、文治元年(1185)に大仏の開眼供養、

建久6年(1195)には大仏殿の上棟供養が行われた。

この鎌倉復興大仏も永禄10年(1567)の松永・三好の合戦

によって再び炎上した。大仏殿の再建はすぐには実施されず、

大仏は仮修理の状態のまま、露座で数十年が経過したが、

江戸時代になって公慶上人の尽力により大仏、大仏殿とも

復興した。現存する大仏の頭部は元禄3年(1690)に鋳造

されたもので、元禄5年(1692)に開眼供養が行われて

いる。大仏殿は宝永6年(1709)に落慶したものである。

ユネスコより世界遺産に登録されている。

木造金剛力士立像(国宝)

高さ8.4メートルの巨大な木像。門の向かって右に吽形(うん

ぎょう、口を閉じた像)、左に阿形(あぎょう、口を開いた像)

を安置する。これは一般的な仁王像の安置方法とは左右逆である。

1988から1993にかけて造像以来初めての解体修理が実施

され、像内からは多数の納入品や墨書が発見された。それに

よると阿形像は大仏師運慶および快慶が小仏師13人を率いて

造り、吽形像は大仏師定覚および湛慶が小仏師12人と共に

造ったものである。これは、「阿形像は快慶、吽形像は運慶が

中心になって造った」とする従前の通説とは若干異なっている

が、運慶が製作現場全体の総指揮に当たっていたとみられる。

春日大社

奈良平城京に遷都された710(和銅3年)、藤原不比等

藤原氏の氏神である鹿島神(武甕槌命)を春日の御蓋山(みか

さやま)に遷して祀り、春日神と称したのに始まる
興福寺(こうふくじ)は、
南都六宗の一つ法相宗の大本山の寺院で

ある。藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で

藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。

古都奈良の文化財」の一部として世界遺産に登録されている


東大寺を発願した聖武天皇の皇后は藤原不比等の

娘で、3か所とも藤原氏ゆかりの所であり、3か所の

総面積は平城京を凌ぎ藤原氏の力の大きさが偲ばれる。

それを嫌ったため、桓武天皇は平安京に遷都したの

かもしれない。

P1040623ブログ用靴を履く  22ページルームシューズブロ           表  

           ルームシューズ     6月に出版する本

28日の着物は 、
長襦袢を着るか半襦袢にするか迷いましたが、                 天気がよさそうなので 半襦袢・ステテコに夏大島の長着に単衣の                 羽織にしました。結果は 気候とピッタリ合って非常に気持ち                     良かったです。1万歩以上歩いたのと 神社などの砂利道は足袋が                 汚れるので、草履からルームシューズに 履き替えました。









テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

Category: 未分類

京都旅行と着物Ⅰ

クリックすれば拡大できます。
P1040432自分1ブログ用  P1040544自分2ブログ用 P104043芸子1ブログ用
 お酒も進む!   美女に囲まれて長着もめくれた!  芸妓さんの踊り
P1040445芸子4ブログ用 P1040439芸子3ブログ用 P1040437芸子2ブログ用
芸妓さん       色っぽい
P1040478舞妓1ブログ用 P1040459舞妓4ブログ用 P1040475舞妓5ブログ用
舞妓さん           息もぴったり
P1040479遊び1ブログ用 P1040529遊び2ブログ用 P1040531遊び3ブログ用
「金毘羅ふねふね」の説明 「とらとら」の説明   左が虎、右がわとうない(槍使い)

京都旅行と着物

 同業者の皆様20数名と、427日から29日にかけて23日の京都・               奈良旅行に行きました。27日の午後の新幹線で京都まで行き、駅               からバスに乗って祇園「はやかわ」に直行です。夕食をとりながら              舞妓さんや芸妓さんと楽しく遊びました。まずは、舞妓さんや芸妓
さんにお酌をしてもらって食事をしてある程度お腹が落ち着いたら、
芸妓さんの踊りです。色気たっぷりに踊ります。次は舞妓さんの
踊りで、息もぴったりで初々しいなかにも色気があります。だんだん
盛り上がってきて、いよいよ「金毘羅ふねふね」です。

 金毘羅ふねふね            

舞妓さんとお客さんが向い合せに座り、お酒の袴やライターの               ような手のひらで隠れる物を真ん中に置いて、「金比羅ふねふね、             追手に帆かけて、しゅらしゅしゅしゅ・・・」と歌いながら、               グーとパーを出し合う遊び。相手が道具を取った時はグーを、               道具がそのままの時は パーを出すのがルールどす。簡単そうに              見えて、意外と反射神経が必要なところが面白いんどす。うっかり             間違った人をはやしたて罰ゲームをしたりして楽しむゲーム。

本当に反射神経が必要で、舞妓さんに勝ったのは20数名中2人くらい             です。皆さんお酒を飲まされて、舞妓さんの一人勝ちに終わり売上に             貢献しました。こういう野暮なことは言ったら いかんか!

 次は「とらとら」です。

  とらとら
ジェスチャー式のじゃんけん。
おばあさん、虎、わとうない
(槍使い)の格好をする。おばあさんは             杖をつく格好で、わとうないに勝ち、虎に負ける。虎の格好で、              おばあさんに勝ち、わとうないに負ける。わとう ないの格好で               虎に勝ち、おばあさんに負ける。二人の間に屏風を置いて、                お互いの格好は 見えなくして三味にあわせて姿を見せて競う遊び。

 

1年に1回くらいは仕事のことを忘れて、こういう別世界の優雅な               遊びも良いと思います。また機会があったら行ってみよう。

  
  表 裏        錦紗、白大島ブログ用
6月中旬に出版する本。 今回の着ものは、単衣の大島、袷の羽織、              藤布の帯です。

 
ツイッター橘智典、グーグル+橘智典、グーグル+ページ男の着物も見て下さい。

テーマ: 国内旅行 | ジャンル: 旅行

Category: 京都旅行と着物Ⅰ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。