スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

京都国立博物館

京都国立博物館
P1100384ブログ用 P1100376ブログ用 P1100359ブログ用
西門                            明治古都館(旧称・本館)
P1100385ブログ用 P1100361ブログ用 P1100368ブログ用
鳥獣戯画の羽織
IMG201409170004.jpg IMG_20140917_0005.jpg P1080988ひげ紬ブログ用
左が源頼朝公                羽織の後ろに鳥獣戯画を刺繍
P1100391ブログ用 P1100409ブログ用 P1100398ブログ用
高山寺の門          国宝石水院
P1100418ブログ用 P1100432ブログ用  P1100437ブログ用
日本最古の茶畑     開山堂            金堂

トヨタ博物館の帰りに、京都国立博物館に行きました。

旧館は素晴らしい建物で、感動しました。

旧館は1892(明治25年)に着工し、3年後の1895

(明治28年)に竣工した。設計者は、奈良国立博物館

本館や東京国立博物館表慶館の設計にも携わった、

宮廷建築家・片山東熊(とうくま)である

旧館には入れず、新館に展示してある源頼朝像を見ま

した。頼朝公ではないという説もありますが頼朝公で

あって欲しいですね。武士の棟梁らしく、気品と強い

意志が肖像画に現れています。肖像画の傑作です。

107日からは、国宝鳥獣戯画が旧館の方で展示される

ので楽しみです。翌日鳥獣戯画を所有している高山寺に

行きました。京都駅からバスで約1時間、山の中の栂尾

にあり世界文化遺産に指定されています。

鳥獣人物戯画(ちょうじゅうじんぶつぎが)は、京都市
右京区高山寺に伝わる紙本墨画の絵巻物国宝。鳥獣
戯画とも呼ばれる。
現在の構成は、甲・乙・丙・丁と
呼ばれる全
4巻からなる。内容は
当時の世相を反映して動物
や人物を
戯画的に描いたもので、鳴呼絵(おこえ)に始まる
戯画の集大成といえる。特にウサギカエルサルなどが
擬人化
して描かれた甲巻が非常に有名である。一部の
場面
には現在の
漫画に用いられている効果に類似した手法が
見られる
こともあって、「日本最古の漫画」とも称される。

自分の羽織にも後ろに、鳥獣戯画を刺繍して貰いました。

無地の羽織が、非常にお洒落になり気分が高揚します。

 

P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り P1080990ひげ紬ブログ用

「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。1543円です。
ご購入は全国チェーンの大型書店の着物コーナー
orアマゾンで。
スポンサーサイト

Category: 京都国立博物館

トヨタ博物館2014

トヨタ博物館2014

P1100355ブログ用 P1090881ブログ用 P1100317トヨタ博物館ブログ
左の線路は、 リニア―モーターカーでレールが無い。 トヨタ博物館
P1100322ブログ用 P1100349ブログ用 P1100346ブログ用
ロビー ジャガーSS100  2階が外国車、3階が日本車
P1090798ブログ用 P1090818ブログ用 P1100329ブログ用
ロールスロイスシルバーゴースト     アルファロメオとジャガーEタイプ
P1100330ブログ用 P1100337ブログ用 P1100340ブログ用
シトロエン         カニ目
P1090837ブログ用 P1090842ブログ用 P1090851ブログ用
                                  マツダ
P1090855ブログ用 P1090862ブログ用 P1090876ブログ用
トヨタ2000GT       ソアラ            セリカリフトバック

愛知県長久手市にある、古い車の殿堂であるトヨタ博物館

に行きました。1階はロビーと受付でジャガーSS100

トヨタAAが置いてあります。3階建てで、2階が外国車

3階が日本車で涎が出るような素晴らしい車が置いてあり

ます。

名古屋市名東区の藤が丘駅から愛知県 豊田市の八草駅まで
を結ぶ、
愛知高速交通の磁気浮上式鉄道路線。常電導吸引
(HSST)
による、
日本初の磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー)
の常設実用路線。
これまでの鉄道システムとは異なり、車輪
持たないため、レール
と車輪の接触による騒音・振動がなく、
また、推進力は車輪とレール
の接触による粘着力に依存しない
リニアモーター
によるため、
加・減速や登坂性能に優れ、
ゴムタイヤ
式よりもさらに静かで乗り
心地がよく、最高速度も
上回る、などの多くの利点を持つ。車両は
常に浮いており、
停車中は機械式ブレーキにより静止させている。
扉が閉まり
発車するときに「ドン」という音がする。これは、機械

ブレーキ解除の際に発する音である。

 



Category: 未分類

西日本工業倶楽部のビアガーデン

西日本工業倶楽部のビアガーデン
 P1100082ブログ用 P1100083ブログ用 P1100087ブログ用
勇ましい
P1100089ブログ用 P1100092ブログ用 P1100094ブログ用
正面
P1100097ブログ用 P1100099ブログ用 P1100104ブログ用
                               たくさん
P1100110ブログ用 P1100112ブログ用 P1100114ブログ用
               踊りが上手
DSC0128ブログ用 DSC0129ブログ用


今年最後のビアガーデンに参加しました。自宅からJRで

戸畑駅まで行きました。戸畑の商店街では、「ヨイトサ

まつり、女提灯山」があっていました。提灯山は7月には

男ですが、8月は女性が担ぎます。掛け声も勇ましく商店街を

練り歩いていました。それからバスで、西日本工業倶楽部

(旧松本家住宅)に行きました。

旧松本家住宅(きゅうまつもとけじゅうたく)は、日本の
実業家「明治専門学校(現九州工業大学)」の創設者の1人、
松本健次郎かつて暮らしていた洋館・日本館各1棟および
2棟から成る建造物である。洋館・日本館ともに木造の二階
建てで、
廊下で繋がっている。洋館の設計は明治の建築家辰野
金吾
の事務所によるもので、
アール・ヌーボー様式のデザイン
で美しい曲線が目立つ。一方、日本館は洋館の建築監督で
あった
久保田小三郎が設計しており、洋館とは対照的に純和風な雰囲気
湛えた数寄屋造りの建築となっている。

 

100名以上の参加があり、ビールを飲みながら盛り上がって

います。外も中もお洒落な建物で東京駅を設計した辰野金吾

の設計です。普段は入れない所なので、写真をたくさん撮り

ました。その後、2次会を楽しみました。

P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り 裏

「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。1543円です。
ご購入は全国チェーンの大型書店の着物コーナー
orアマゾンで。

Category: 西日本工業倶楽部のビアガーデン

2014岐阜城

2014岐阜城
黄金の信長像ブログ用 P1090987ブログ用 P1090949ブログ用
鉄砲を持った金ぴかの信長公。信長バス。弓を射る若き日の信長公
岐阜城1ブログ用 岐阜城天守閣ブログ用 P1090911ブログ用
麓から見た岐阜城                岐阜城入り口
P1090891ブログ用 P1090886ブログ用 P1090888ブログ用
信長公の木像                     大河ドラマの濃姫の着物
P1090894ブログ用 P1090930ブログ用 P1090940ブログ用
天守閣から見た、岐阜市内  ビアガーデン     満月

812日に、岐阜に行きました。岐阜は「織田信長公」

一色です。岐阜駅には、金ぴかの鉄砲を持った立像が

ありその写真を撮りました。今度は信長バスで岐阜公園

に行きました。岐阜公園には若き日の弓を射る信長像が

あります。金華山ロープウェーで、頂上まで登り少し

歩くと岐阜城があります。ロープウェーは夜間も営業を

していましたので、7時頃に金華山に登りました。お城

からの、夜景は素晴らしく遠くまで見通せます。おまけに

満月でした。ここに登れば天下が狙えそうな気分になります。

「岐阜」の名は諸説あり、一説には、織田信長の命名によるとされる。

政秀寺
の僧侶であった
沢彦宗恩の案によって、「岐山」(殷が周の王朝へ

と移り変わる時に
鳳凰が舞い降りた山とされ、周の文王はこの山で立ち

上がり、八百年の太平の基を築いた)の「岐」と、「曲阜」(学問の祖、

孔子の生誕の地)の「阜」を併せ持つ「岐阜」を選定して、太平と学問の地で

あれとの意味を込めて命名したとされる。

信長公記』(太田牛一)によると、織田信長が美濃国を攻略した際に、稲葉山

の城下の井口を岐阜と改めたと書かれている。
江戸時代中期の尾張藩

記録の『安土創業録』(名古屋市蓬左文庫蔵書、旧蓬左文庫所蔵・尾張

徳川家蔵書)、『濃陽志略』(別名・濃州志略、国立公文書館所蔵)にも

信長命名とあり、『岐阜志略』(長瀬寛二、
1885(明治18年))が『安土

創業録』の記述を引用して信長が初めて岐阜と命名したとしている。


P1090915ブログ用 P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り

浴衣で行ったら、おじさんから近くの旅館に泊っている

のですか聞かれました。最初は何のことか分かりません

でしたが、旅館の浴衣だと思ったようでショックでした。

本「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。180ページ、

1543円です。ご購入は全国チェーンの大型書店orアマゾンで。



Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。