スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

第3回福岡まつり 月華祭

第3回福岡まつり 月華祭

p_miko_ten.png DSC0198ブログ用 DSC0203ブログ用
月華祭
 DSC0219ブログ用 DSC0221ブログ用 DSC0238ブログ用
 かぐや姫
DSC0245ブログ用 DSC0247ブログ用 DSC0261ブログ用
かぐや姫の巡行                    かぐや姫が口上を述べる
DSC0273ブログ用 DSC0275ブログ用
かぐや姫の舞い

天神に行ったら月華祭があっていました。小学生のかぐや姫が
頑張っていました。

月華祭は、櫻ケ峰地蔵記3に伝承されている、夜に光を発する
地蔵を祀った荒具社神と、その光とともに現れた瀬織津姫神の
伝承を、「かぐや姫」になぞらえて祀る秋の福岡まつりです。

天神地域の6つの神社の例祭を主体に、4つの校区の豊年祭と、
人々が賑やかに楽しむ宴とを合わせ、天神をはじめとする各校区
地域の今後の発展と無事を祈願するお祭りです。
当日は、
かぐや姫をモチーフにした色鮮やかなみこしと地域の参加者
たちが、各地区の神様とともに繁栄と安全を祈願して、行列を
作り行進します。道中の各施設前では、かぐや姫が口上を述べ、
かわいらしい舞いも披露。きらびやかなかぐや姫のみこしに、
大勢の買い物客で賑わう天神の街はより一層華やぐことでしょう

P1070701ブログ用 P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り

本「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。180ページ、
1543円です。ご購入は全国チェーンの大型書店orアマゾンで。
羽織袴は、日本男子を最もエレガントに見せてくれます。


スポンサーサイト

Category: 未分類

太宰府天満宮のお茶会

太宰府天満宮のお茶会

P1100736ブログ用 P1100737ブログ用 P1100738ブログ用

楼門                         本殿
P1100743ブログ用 P1100750ブログ用 お茶会の券

文書館                        
P1100744ブログ用 DSC0173ブログ用
DSC0174.jpg
多い                        一期一会
DSC0178ブログ用 DSC0175ブログ用 P1070828ブログ用
2席目の掛け軸   曲水の庭     梅の咲く頃の、曲水の宴

1019日(日)に太宰府天満宮に行きました。目的は、故宮
博物館展を見るためと
お茶会に出席するためでした。しかし、
故宮博物館展は会場に入るのに
100分待ちということで諦めました。
後はお茶会ですが、これも人が多くて帰ろうかと思いましたが
帰ったら、着た意味が無くなるので待ちました。お茶に関しては
初心者ですが、袴をはいて恰好だけは一人前でした。お茶会で
ゆったりとした時間を過ごすのも、心が洗われて良いものです。

P1100763ブログ用1番 P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り

「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。1543円です。
ご購入は全国チェーンの大型書店の着物コーナー
orアマゾンで。
年を重ね洋服を着ればただのおじさんですが、着物を着れば粋な
熟年に変身できます。



Category: 未分類

若松の金鍋

金鍋
honte2.jpg DSCN8287.jpg gallery03.jpg
玄関
DSCN8250.jpg ryouri2.jpg ryourir9c2.jpg
葦平の間       牛鍋、厚切り。
DSC159ブログ用 DSC0170ブログ用
18金でできた金鍋。学生アルバイト、可愛い!!

北九州市若松の料亭「金鍋」で宴会がありました。名前の如く

金鍋を見せてもらいました。18金で出来ていて、昔は一人分の

牛鍋を作ったそうです。

大正時代、北九州の若松は、石炭積み出し港として、とても栄えて
いたようで、
粋な食べ方をと、「金鍋」の名前にちなんで金の鍋を
8個作ったそうです!その鍋が戦後没収され、その後1個だけが
「料亭金鍋」に戻ったとの事です。
この料亭には多くの名士や文化人
が訪れ、芥川賞作家の火野葦平さんも常連だったそうです。料亭内に、
「葦平の間」という部屋が残されています。

P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り 裏

男の着物の本を上梓しました。「日本男子よ 着物を着よう!」です。
180ページ、1543円です。ご購入は大型書店の趣味・実用コーナーの
着物の所かアマゾンで。着物を着れば背筋ものびて姿勢が良くなります。
腰が痛いのも良くなります。一度着物を着てみて下さい。


Category: 未分類

コップのフチ子

コップのフチ子ちゃん
P1100628ブログ用 P1100590ブログ用 P1100713ブログ用
自分のフチ子ちゃんの勢ぞろい。パソコンにも! ブラケットにも!
P1100698ブログ用 P1100661ブログ用1番 P1100673ブログ用
家具にも          モデルカーにも!    バックミラーにも!
images2 images3 images.jpg
11月に出るクリスマスバージョン

フチ子ちゃんは、コップの縁だけでなく色々な所に現れ

神出鬼没です。11月にはクリスマスバージョンが出る

ので楽しみです。

コップのフチ子」(こっぷのふちこ)(英語表記はfuchico)は、
奇譚クラブ
による
カプセルトイシリーズの名称である。タナカカツキ
原案による
OL風の女性「フチ子」が腰をかけたりぶら下がる姿勢を
とる
フィギュアで、「コップのフチに舞い降りた天使」の副称どおり
コップ等の縁に添えて「たたずむ」情景を楽しむ人形だが、これを
応用した遊び方が
TwitterFacebookで話題となり書籍の出版や写真展の
開催で注目された。

奇譚クラブから商品開発を打診されたタナカが、従来のカプセルトイ
には
磁石ストラップなど「くっ付く」ものが多いことに着目、そう
した流れの新しい試みで
喫茶店に於ける飲食風景に溶け込むフィギュア
として開発した
[1]20127月に発売された第1シリーズ[2]1週間で
10
万体を出荷し間もなく完売
[3][4]20136月に発売された第2シリーズ
[3][5]と併せ同年7月までに300万体を売り上げた[1][4]201361920
日に催された雑貨等の流通向け展示会「東京ファッショングッズトレード
ショー」において
2013 サンリオキャラクター大賞など4品目と共に
「プロパティ商品集積コーナー」へ出展された

本の表紙スキャン版ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り 裏

本「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。180ページ、1543
です。ご購入は全国チェーンの大型書店
orアマゾンで。
洋服はその人の人生経験を覆い隠すようなところがありますが、着物は経験や
性格を滲みださせ人生経験が豊かになればなるほど似合うようになります。
着物を着てみて下さい。
日本人は、洋服より着物の方が似合います。

Category: コップのフチ子

皆既月食

皆既月食
P1100485ブログ用  P1100500ブログ用  P1100508.jpg
少し欠け始める。
P1100532ブログ用    P1100555.jpg P1100560.jpg
ほとんど欠けた。 左の写真で、カメラの感度を上げる。

P1100569.jpg P1100578.jpg  P1050920現像風景
                元に戻る。

皆既月食

108日は、月食でした。ちょうど良い時間に天体ショウが

あったので、写真を撮りました。きっと、かぐや姫もビックリ

したことでしょう。

月食とは

地球と月は太陽の光を反射して輝く天体です。地球(月)にも太陽の光に
よる影があり、太陽とは反対の方向に伸びています。この地球の影の中を
月が通過することによって、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が
「月食」です。

月食は、太陽-地球-月が一直線に並ぶとき、つまり、満月のときだけに起こり
ます。ただし、星空の中での太陽の通り道(黄道)に対して月の通り道 (白道)
が傾いているため、ふだんの満月は、地球の影の北側や南側にそれた位置に
なります。満月のたびに月食が起こるというわけではありません。

地球の影には「本影(太陽光がほぼさえぎられた濃い影)」と「半影(本影を取り
囲む薄い影)」の2種類があり、月がどちらの影に入り込むかによって、月食の
呼び方が変わります。

about-m[1]


月食のしくみ
月食のしくみ
大きなサイズ

半影食

月の一部または全部が半影だけに入った状態。半影は薄い影なので、目で

見ただけでは月が欠けているのかどうか、はっきりとはわかりません。

本影食

月の一部または全部が本影に入った状態。一般的に「月食」というと、「本影食」
のことを指します。本影は濃い影なので、月がはっきりと欠けたように見えます。
月の一部だけが本影に入り込む現象が「部分食」、月の全てが本影に入り込む
現象が「皆既食」です。

P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り 裏

「日本男子よ 着物を着よう!」を出版しました。1543円です。ご購入は全国
チェーンの大型書店の着物コーナー
orアマゾンで。着物は、髪が薄くなっても
お腹が出ても似合います。

日ごとに秋めいてきましたが、秋の色を取り入れるとお洒落になります。茶色
や緑で両方とも日本人に良く似合います。男は茶色で渋く、女性は緑でお淑やかに!



Category: 皆既月食

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。