スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

節分と東長寺

節分と東長寺
P1070575ブログ用 P1030536仏像ブログ用 P1030541butuzounonaka.jpg
                    大仏
P1070578ブログ用 P1020734jpg東長寺ブログ2 P1070606ブログ用
5重の塔
P1070584ブログ用 P1070590ブログ用 P1070595ブログ用
                豆まき

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節

始まりの日(立春立夏立秋立冬)の前日のこと。

節分とは「季節を分ける」ことをも意味している。

江戸時代以降は特に立春(毎年24ごろ)の前日を

指す場合が多い。この場合、大寒の最後の日であるため、

寒さはこの日がピークである。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆

(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)

豆を食べる厄除けを行う。また、邪気除けの柊鰯などを飾る。

これらは、地方や神社などによって異なっている。

 

東長寺の前日祭に行ってきました。鬼、お多福に扮している

のは、海外から九大に留学している学生だそうです。

 

寺伝では大同元年(806)、空海(弘法大師)がでの修業

ののち帰国し、博多滞在の折に密教東漸を祈願して建立したと

伝える。本堂、六角堂、大仏殿、五重塔などがある。

福岡藩主黒田家墓所(史跡)

2代藩主・忠之、3代藩主・光之8代藩主・治高が埋葬されて

いる。全て花崗岩製の五輪塔で、治高の墓石は怡土郡徳永山

(現・福岡市西区)から切り出された。忠之の墓前には

殉死した家臣の墓5基が並ぶ。大半の藩主墓所は崇福寺にある。

P1040976ブログ用 DSC02268ブログ用切り取り P1020725jpg東長寺ブログ1

出版した本。男の着物のエッセンスが詰まっています。
右の写真はライトアップされた本殿です。



スポンサーサイト

テーマ: 福岡 | ジャンル: 地域情報

Category: 未分類

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。